用語集

【アーティア】:ラグクーアを創ったといわれる女神の名前。
【アリエス】:隠れ(未登録)の魔術師。女性。回帰術を得意とする。
【イデリア(国)】:大陸に存在する国。聖神殿は存在しない普通の王国。
【イリヤ(人)】:「花想少女〜Lip-Aura〜」の主人公。セレスターラの士官学校を辞めアリエスに弟子入り。
【エクリス】:女神の六つの意思のひとつ。解放。破壊・死の意思。直訳は「破壊の瞳」。
【エクリス(都市)】:かつて世界一の魔法都市だった。今は滅び「エクリス聖神殿」と共に湖の底に沈む。
【エムロ,エムロード】:女神の六つの意思のひとつ。創造。育み。誕生の意思。直訳は「営みの胎」。
【エムロード(国)】:森と翠の王国。女神の意思のひとつ「エムロ」を祀る。
【エルシア(人)】:「花ひらく蒼天」の主人公の一人。ラグ・エクリスの少女。
【サーディン(人)】:「花ひらく蒼天」の主人公の一人。エルシアの側近。
【セレス】:女神の六つの意思のひとつ。繋ぐもの。護るもの。直訳は「繋ぐ翼」
【セレスターラ(国)】:天空に浮かぶ諸島にある王国の名。女神の六つの意思のひとつ「セレス」を祀る。
【ソフィア(人)】:ソフィシアの偽名。
【ソフィシア(人)】:「月追いの都市」の主人公の一人。女。セレスターラ王国王女。
【魔術】:魔法を組み上げて扱う技術。詠唱、紋章、自律の三種がある。
【魔術士】:神殿に認められた魔術の使い手の称号。
【魔法】:世界に直接干渉する意思。
【魔力】:魔術を行使するための広い意味での要素。七種ある。
【ラグ】:魂のこと。女神の意思名と繋げて、その意思の魂=唯一の神子という意味になる。(例:ラグ・エクリス)
【リゼル(人)】:「月追いの都市」の主人公の一人。男。
【リプアラ(花)】:人に幻想を見せる魔花。青い花。昔はセレスターラにしか咲かなかったが、地上にも蔓延。
【リプアラ(人)】:真実を求めて花になったというお伽話の少女。
【ラグクーア】:世界の名前。女神の六つの意思の元、聖神殿が存在する。
【ラグクーア語】:古代語。(作中の造語は全てこれです)
【ラグレフィス】:女神の六つの意思のいずれかを宿した人間。同時には六人しか存在しない。