ラグクーア語(造語)

ラグクーアの楽曲、主にコーラスで使用している造語設定です。

—————–

<設定>
ラグクーアにおける古代語。魔法言語。
今は魔術を扱う人間にしか伝わっていない。
文法は英語に近い。かなり意訳される。

例)
※楽曲「月追いの都市」コーラス
Lei-ol-zet,Tu o i nam ir fida ar.
(レオゼット、それが貴方の名前です)

ol=〜の
o=〜は、〜が

聖,世界,意識[lagur,lag](※神,主体世界)
魔,世界,肉体[quara] (※人,大地,客体世界)
全世界[lag-quara](※意識と肉体を合わせた全世界)

光[sef] 闇[ield]
聖魔[sefield](※聖帝神殿の名)
要素[sefira]
(※「要素」或いは「力」。この世界に満ちている魔力のようなもの)
楽園[silvecia](※伝説の世界)

守護[lef]
守護者[lefis]
意思[zelef]
繋がり[celef]
解放[eclef]
否定[nen]
無[lei](※マイナスな意味合いはなく、ただそこにあるゼロ)
存在[zai]
未来[mir]過去[sug]
真実[sinal]
祝福・呪い[ci]
永遠[einal,el]
名前[nam]

私[ir]
あなた[ar]
彼・彼女・あの人・相手[sil](※第三者で特別な対象を指す)
彼・彼女・あの人・相手[xil](※第三者で特別ではない対象を指す)
それ、これ[tu]

夢[thia]
永遠[einal,el]
罪[dir]
魂[solef]
都市・集落[zet](※意思の集まり)
名[nam]
瞳・目・見るもの[liss]
捻子[neej]
血[ek]
翼[stara]

思う・知る[zel]
繋げる[cel]
解き放つ[ecl]
狂う[lip]花[aura](※魅了するもの)
切望する・願う[dix]
名付ける、意味づけする[fid]
持つ、孕む[en]
感謝する[wispes]
出逢う[mie]